12月17日(日曜日) 前日 翌日
出演バンド
Christophe Pannekoucke Trio   Sunday Night Live
メンバー
Christophe Pannekoucke(g) Akiyoshi Shimizu(b) Ryo Shibata(ds)
ジャンル
Jazz
プロフィール
Christophe Pannekoucke
Guitarist and composer born in 1985 in the French Alps currently living in Tokyo. He joins the French Jazz Conservatory and obtains the National Diploma in Jazz Guitar. He follow in parallel private lessons with well knows jazz guitarist. He had the opportunity to play on stages of festival and jazz club in Europe and Japan. He perform now in France and Japan.
チャージ
¥2,500
演奏時間
第1ステージ: 19:40~20:40
第2ステージ: 21:20~22:20
出演バンド
Franck selection vol.57   Sunday Afternoon Live
清水ひろみ×永見行崇 Duo
メンバー
清水ひろみ(vo) 永見行崇(p)
ジャンル
Jazz
プロフィール
清水ひろみ
武庫川女子大学英文学部卒業。(英米文学科英語音声学専攻)。アナウンス・司会業の傍ら、ジャズシンガーとしての研鑚を積む。
2000年12月大阪梅田にライブ・ハウス≪JAZZ・ON TOP≫をオープン。
2004年と2005年、2年連続ニューヨーク≪ブルーノート≫公演。
2010年7月、欧州名門ジャズフェスティバル、≪ウンブリア・ジャズ(伊)≫、≪アンティーブ・ジュアン・レ・パン国際ジャズフェスティバル(仏)≫に出演、同年11月、ドン・フリードマン・トリオとニューヨーク≪ディジーズクラブ≫に出演。
2004年 『スマイル』(多田恵美子トリオ)をリリース。
2005年 『ラウンド・ミッドナイト』(多田恵美子カルテット)をリリース。
2006年 『ヒロミ・アズ・イズ・N.Y.』(ケニー・バロン・トリオ)をリリース。
2008年 『ワルツ・テンダリー』(ピアノの詩人ドン・フリードマン・デュオ)をリリース。
2010年 『ライブ・アット・ジャズ・オン・トップ』(ドン・フリードマン・トリオ)をリリース。
2011年7月 『ラブレターズ・フロム・ニューヨーク』(ケニー・バロン、里見紀子)をリリース。
2014年10月 『Cheers for Tears』(井上ゆかり、里見紀子)をリリース。
「ケニー・バロン」や、「ドン・フリードマン」との共演作は、世界各国のジャズ専門誌から高い評価を得ている。
今、国内外で最も注目されている国際派ジャズシンガーである。
永見行崇
5歳からクラシックピアノを学ぶ。
九州芸術工科大学音響設計学科卒業後、N.Y.にてジャズピアノを、西アフリカのセネガルにて民族打楽器サバールを学び、
2001年から4年に渡り劇団四季ミュージカル「LIONKING」に打楽器奏者として出演。
ピアノの打楽器的な側面を生かしつつメロディアスに音をつむぎ、大学で学んだ聴覚心理学を生かし、心と身体に響く音をデザインし続けている。
現在は関東を拠点として、ピアノの即興演奏による画家・書道家・タップダンス・ヨガ・日本舞踊とのコラボレーション等、様々な分野のアーティストと共演しつつ、2017年9月には6枚目となるソロアルバム「Plaisir」をリリース。
自己のグループなどでも多数の作品を発表し続けると共に、映画やテレビ・ラジオ番組、海外のコンピレーションアルバムへの曲提供、サウンドプロデュースなども積極的に行い、活動の場を多方面に拡げている。
チャージ
¥3,600
演奏時間
第1ステージ: 14:00~15:00
第2ステージ: 15:30~16:30